新大阪で買える「うぐいすボール」は限定のものばかり! 値段も手ごろでお土産におすすめ!

新大阪で購入できるお土産としておすすめなのが「うぐいすボール」です。

値段もほぼワンコインで価格的にも手ごろ。

そしてなにより、新大阪で買えるうぐいすボールは新大阪限定!というのが嬉しいところ。

通常販売されている鶯ボールは、スーパーなどでも購入可能ですが、新大阪のうぐいすボールはそこで販売されているものとパッケージも味も違っているんです。

それであれば、なおさらお土産としてもおすすめですよね!

実際に購入してきたのでレポートしたいと思います。

新大阪駅のうぐいすボールについて

稲垣米菓という会社が製造・販売しているうぐいすボール。

中身はもち米を使った「かりんとう風あられ」です。

手揚げ製法

販売が始まって百年以上が経っているとのことですが、創業時にやっていた「手揚げ」製法で作られているのが新大阪のうぐいすボールです。

少量しか生産できないことから新大阪限定にしているんだとか。

こんなことを聞くと、さらにお土産としての価値が高まりそうですね!

値段

通常陳列されているうぐいすボールは1つ519円(税込)です。

季節によって色々な期間限定品が販売され、それは1つ594円(税込)となっています。

さらに量り売りもやっていて、そこではあまり見かけない種類(例えば塩こんぶのうぐいすボール等)も揃えられています。

こちらは小サイズ(2升)で648円(税込)に設定されています。

常時販売されているうぐいすボールであればほぼワンコインなので、お土産としては購入しやすい価格設定と言えます。

賞味期限

上記は2017年10月27日に購入した分に記載されていた賞味期限です。

単純計算で約50日前後が賞味期限となっています。

また、量り売りのうぐいすボールは賞味期限が10日間に設定されています。

▼量り売り

販売されている種類(常時販売分)

  • 手揚げのうぐいすボール
  • 丹波黒豆大豆のきなこ
  • 宇治の抹茶
  • 安富町のゆず
  • 安雲野のわさび
  • 紀州の南高梅

常時販売されているのは、上記の6種類となっています。

店員さんに聞いた限りでは、きなこは安定した人気があり良く売れるそうです。

購入できる場所

うぐいすボールは、新大阪駅の在来線改札内のエキマルシェ新大阪内にあります。

ここ以外では購入できません。

▼在来線改札内の構内図

▲クリックで拡大▲

上記構内図の、赤く囲った★印の場所がうぐいすボールの販売ブースです。(分かりやすくその他の場所を暗くしています)

在来線改札内の奥まった場所にあるように見えますが、行ってみるとすぐに見つけられるはずです。

スポンサーリンク

うぐいすボールは美味しいのか?実際に購入しました

物は試しということで、実際に行って1つ購入してきました。

きなこが人気と聞きながら、限定だった「安納芋のうぐいすボール」が気になったのでそちらを購入。

秋や冬の季節にはこれが良く売れているそうです。

 

▼こちらが安納芋のうぐいすボールのパッケージです。

▼包装も可愛いですよね。

▼原材料など

うぐいすボールの特徴は、化学調味料・保存料・着色料を一切使用しない、昔ながらのお菓子なんです。

シンプルな原材料ですよね。

▼封をあけるとこんな感じです。

個包装されていると一つずつ配れるので効率的ですが、残念ながらうぐいすボールはそれではありません。

▼小皿に盛ってみました。

期間限定品は内容量が45g(常時販売分は55g)なので、量としては若干物足りなさを感じなくもありませんが…

味はメッチャクチャ美味しいです。

もう食べ始めたら止まらない。

あっという間になくなってしまいました。。。

うぐいすボール / まとめ

新大阪駅限定で購入できるお土産「うぐいすボール」をご紹介してみました。

可愛さもあって値段的にもリーズナブルで、新大阪でしか買えないという三拍子そろったお土産だと思うので、ぜひ参考にして下さい!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください