新大阪駅の車椅子レンタルについて。借りるための方法や注意点、知っておくべき事についてまとめました!

新大阪駅構内は広いです。

新幹線でホームに降り立ってから、改札を抜けるまでもそれなりに歩きますし、出口に向かうまでも歩きます。

もし少しの距離でも歩くのが大変な時や、松葉杖を使用していてスムーズに歩けないなど、車椅子を利用したい場合があるかもしれません。

そんな時、新大阪駅構内だけでも車椅子を利用出来ればありがたいですよね。

実は、JR新大阪駅では無料で車椅子をレンタルすることが可能となっています。

あまり知らない人も多いようですが、借りることが出来るんです。

と言うわけで、新大阪駅で車椅子を借りる方法や借りた後の移動可能範囲等、駅員さんに確認した内容をまとめておきたいと思います。

新大阪駅で車椅子を借りる方法

新大阪駅で車椅子をレンタルする方法は簡単で、駅員さんに借りたい旨を伝えれば借りることが出来ます。

駅のホームからでも、駅の構内でも利用は可能と駅員さんに話しを伺いました。

例えば、東京方面からでも九州方面からでもどちらでも良いのですが、新大阪駅で新幹線を降りるという場合。

そして、新幹線を降りた時から利用したいという場合。

乗車している新幹線車内で、

新大阪駅で新幹線を降りた後に、車椅子を貸してほしい」という旨を伝えておけば、新幹線を降りる時に駅員さんがホームでスタンバイしてくれるんだそう。

無料で、しかも駅員さんがスタンバイしてくれるなんて、ありがたい限りですね。

次に、利用する際の注意点です。

スポンサーリンク

車椅子をレンタルする際の注意点

移動可能範囲はJR駅構内のみ

車椅子で移動できる範囲は、JR新大阪駅の駅構内のみとなっています。

改札の中だけじゃなく外もOKですが、あくまで駅構内と限定されます。

 

もし駅の近くの駐車場に車を停めてるから、その車の前まで借りたい!

と言っても、そこまでは利用できません。

新大阪駅に降り立った時に借りて、そのままレンタルしたままどこかへ移動、翌日新大阪駅に戻ってきた時に返却、みたいな形では借りられません。

それは駅構内という利用範囲を越えてしまうからで、移動可能範囲は改札の中・外は関わらずとも、新大阪駅構内のみとなります。

 

もし、新大阪駅で降りてから数日借りっぱなしで、その後に返却したいという場合は、車椅子レンタルをしている会社に頼むほかないと思います。

レンタル費用だけだと1日数百円で借りられますが、場所を指定して配送料を組むと数千円にはなるようです。

駅員が必ず同行

なぜ移動範囲は駅構内しかダメなのかということにリンクしますが、車椅子を借りる際、そして移動する際は、駅員さんが同行します。

そのため、駅構内しか移動が出来ないというわけなんですね。

その代わり、移動したい先にまで行った後、返却の必要もありません。

駅員さんが一緒にいるので、移動した後はそのまま「ありがとうございました」で、駅員さんが持ち帰ってくれます。

台数が出払っている時は利用不可

何台常備されているかは確認してませんが、もし利用希望が重なり常備している車椅子の数が出払ってしまっている場合は、残念ながら利用不可となります。

出払っているので仕方ないですね。

返却されるのを待てば、しばらくすれば利用できるとは思われます。

車椅子がなければ絶対ダメ!というどうしてもな場合は、事情を説明して駅員さんに相談してみるのもアリかもしれません。

新大阪駅の駅構内であれば車椅子のレンタルが可能 / まとめ

新大阪駅で車椅子は借りられるの?という質問も多く頂いていたので、実際に駅員さんに確認しました。

そもそも駅員さんの内容が間違っていると元も子もありませんが、駅員さんに車椅子を借りたい旨をお伝えすれば無料で貸してくれます。

ただ利用範囲が駅構内限定となるため、その点だけご注意ください。

 

ちなみに、もし東京(九州方面でもどこでも)から向かって新大阪駅で降り立つ場合。

そして、東京駅構内でも車椅子をレンタルしており、新大阪駅でも借りたいという場合。

東京駅で「新大阪駅でも借りたい」という旨をその時に伝えておけば、新幹線車内で車掌さんに伝えなくても連携してくれているそうです。

ぜひ便利にご活用下さい!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください